アクリライト等材料セレクトで製造をサクセス|適材適所ナビ

作業員

設備でみる業者の力

工場

最近は3Dスキャナーやプリンターを用いていろんな試作品の提案をしている製造所があります。設備が充実している金型や部品加工の製造所であれば、製品の試作品から実際に生産して納品できる製品作りを任せられます。

詳しくはコチラ

材質によって最適な物

作業員

化粧品を開発する企業や個人であれば、容器は材質に適したものを選びましょう。クリームタイプならジャータイプで、化粧水などのサラサラした液状のものはポンプやスプレーで適量取れるようにできます。

詳しくはコチラ

コスト面も相談できる

工場

製品を大量生産するには金型が必要ですが、この金型は製造に費用がかかります。プラスチック成形の製造所であれば、低コストでの製造や試作品、小ロット生産などの相談に乗ってくれます。

詳しくはコチラ

建材などに役立つ資材

作業員

プラスチックは今やガラスよりも多くの場所で使われています。水族館の水槽は強化ガラスが使われてきましたが、今やアクリライトが透明性があり耐候性もあるということで多くの水族館や動物園でも使われるようになっています。こういったアクリライトなど、世の中にはいろんな素材が企業努力によって作られ改善されて使われているのです。素材は全て適材適所で使われ、屋内で使われるには問題無いが屋外では耐熱性や耐候性の問題があるといった特性があります。それを分かった上で、製品は作られるべきです。しかし、素材についてよく知らない場合もあります。そんな時は製造所を頼ることになります。製品を作るプロであれば、いろんな提案をすることができますし、コスト面をもっと低くしたいという要求にも応えてくれます。

昔は人間の生産といえば家内工業であり手作りでした。しかし、産業革命によって工場で大量生産できる体制が整ったのです。大量にものが生産できるということは、安く製品を購入できるということです。しかも人間の手ではできなかった安定した成形もできるようになりました。プラスチックという新しい素材が考えだされてからは、より製品やプラスチック容器の製造は便利になったのです。そんな製品を生み出すためには金属が必要です。金属で金型を作り、それで成形することで簡単に同じ素材で同じ形の部品加工ができるようになりました。製造所はいろんな企業に素材を適材適所に使ってもらうために、今では少ロットで生産できるようにしたり、試作品から納品に至るまでを一括で引き受けたりしてくれています。